クリスマスソングから学ぶ、25通りのジャズアレンジ手法 | ジャズピアノのはじめかた

ジャズピアノのはじめかた

ジャズピアニストによるジャズピアノ入門サイト。アドリブ、コードなどのことを独学の初心者の方へわかりやすく楽譜付きで解説、無料体験レッスンの案内も。リンクフリーです。

クリスマスソングから学ぶ、25通りのジャズアレンジ手法

time 2016/12/01

gif;base64,R0lGODlhAQABAAAAACH5BAEKAAEALAAAAAABAAEAAAICTAEAOw==
看板記事です、はじめての方はまずお読みください

ジャズピアノのはじめかた

gif;base64,R0lGODlhAQABAAAAACH5BAEKAAEALAAAAAABAAEAAAICTAEAOw==

ジャズピアノレッスンもやっています↑


楽譜の一部を無料ダウンロード配布しています。

gif;base64,R0lGODlhAQABAAAAACH5BAEKAAEALAAAAAABAAEAAAICTAEAOw==

クリスマスソング

12月ですね、ジャズピアノでクリスマスソングを弾きまくります。

サンタが街にやってくるを演奏しました。

サンタが街にやってくる(英語: Santa Claus Is Coming to Town)は、ヘヴン・ギレスピー(英語版)作詞、フレッド・クーツ(英語版)作曲のクリスマスソング。日本では神戸孝夫の訳詞で知られる。

1934年11月にラジオ番組で初めて放送され、同曲の楽譜が40万部以上の売り上げとなる。同年にジョージ・ホール(英語版)が初めて録音した。
ビルボードチャートでは、1970年と1971年にジャクソン5の、1985年にブルース・スプリングスティーンのカバーが「special Christmas chart」で1位を獲得している。また、同曲をモチーフとしたアニメが、1970年に製作された。

『Santa Claus is Coming to Town(サンタが町にやって来る)』は、1934年11月にエディーカーターのラジオ放送(Eddie Cantor’s radio show )で初めて放送されたクリスマスソング。

放送以来、楽譜は数十万部の大ヒットとなり、今日までに、ビーチボーイズ、マライアキャリー、トニーベネット、ブルーススプリングスティーン、レイチャールズ、ビングクロスビー、フランクシナトラ、エラフィッツジェラルドなど数多くの有名なアーティストによってカバーされている。

We Wish You a Merry Christmasを演奏しました。

おめでとうクリスマス(英:We Wish You a Merry Christmas)は、16世紀のイングランド西部地方(英語版)を起源とする英語のキャロル。クリスマス・キャロルの起源はイングランドの伝統的な富裕層にあり、現代のクリスマスプディングに似るイチジク入りプディング(英語版)などを用意し、クリスマス・イヴの日にはキャロルを歌うなどしてクリスマスを迎えていたことに端を発する。新年の祝賀に言及するキャロルは、イングランドの伝統的なキャロルとしては珍しい。多くキャロルの最後の曲目として歌われる。

クリスマスイブを演奏しました。

「クリスマス・イブ」はアルバム『MELODIES』収録曲。後にベスト・アルバム『TREASURES』とオールタイム・ベスト・アルバム『OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜』にもそれぞれ収録された。山下によれば、曲はバロック音楽でよく聴かれるコード進行なので、何かその種の風味を入れたいと考え、ふと“クリスマス”というテーマが思い付いたという。その時、シュガー・ベイブ時代にトライしたものの未完だった曲「雨は夜更け過ぎに」の歌い出しが突然頭によみがえり、あっという間に歌詞が出来上がった。さらに、どうせなら間奏に本物のバロックを引用しようということになり、パッヘルベルの「カノン」が選ばれた。スウィングル・シンガーズのスタイルを一人アカペラでやろうとしたことから8小節に48テイクを要し、半日費やされた。エンディングのコーラスが一転してアソシエイション風のアプローチになったのは、当時一世を風靡していたオフコースへの対抗意識から出たアイデアだという。2013年にリリースされた『MELODIES (30th Anniversary Edition)』にはボーナス・トラックとして、キーがA(イ長調)の正規ヴァージョンに対し、D(ニ長調)で演奏された仮歌による未完成トラックの「クリスマス・イブ (Key In D)」が収録された。

いくらシングルには地味だとはいえ、せっかく作られたクリスマス・ソングなのでムーン・レコード社長小杉理宇造からの提案で、同年12月14日に3万枚限定のピクチャー・レコードとしてシングルカット。以降、毎年末に季節限定商品としてカラー・ヴィニール、ピクチャー・レーベルと趣向を変えてリリースされ続けた。当初はオリコンシングルチャート最高位44位だったが1988年、JR東海「ホームタウン・エクスプレス(X’mas編)」のCMソングに使用されたことで知名度が上昇。1989年12月にはオリコンシングルチャートで、30週目のランクインで1位を獲得。そのため、発売から1位獲得までの当時の最長記録(6年6か月)、ベスト・テンに再チャートされた回数の最多記録など、変わった記録を多数持つ曲となった。後に山下は『OPUS』のライナーノーツで「間違いなく私の代名詞となって残るであろう一曲。自分の全作品中、詞・曲・編曲・演奏・歌唱・ミックス、すべての要素がバランスよく仕上がった数曲のひとつ」と書いている。同曲は1998年と2000年、2003年にそれぞれ再発されるごとに、山下自身によるリマスタリングが行われている。また、2000年盤と2003年盤にはアラン・オデイの英語詞によるイングリッシュ・ヴァージョンとカラオケが収録され、カラオケは2000年盤が初CD化となった。イングリッシュ・ヴァージョンはもともと、1991年発売のミュージック・ビデオ『TATS YAMASHITA PRESENTS CHRISTMAS IN NEWYORK』の素材として作られたが1993年、冬の季節向けアルバム『SEASON’S GREETINGS』に収録された。
1986年11月28日に7インチシングルとして再発以降、毎年クリスマスの時期が近づくとチャートにランクインするようになり、ロング・ヒットの楽曲のため合算で伸びていることもあるが、1980年代に国内で発売された楽曲で売上が最も多いシングルとなっている。1991年にミリオンを突破、2013年の時点で累計185.1万枚を記録した。また、2015年時点でオリコンチャートに30年連続でトップ100入りしており、「日本のシングルチャートに連続でチャートインした最多年数の曲」として2016年3月、ギネス世界記録に認定された

ダニーハサウェイのThis Christmasを演奏しました。

いつかのメリークリスマスを演奏しました。

『いつかのメリークリスマス』は、日本の音楽ユニット・B’zの楽曲。
最初にリリースされた音源は、1992年12月9日にリリースされたミニアルバム『FRIENDS』に収録されているものである。シングル曲ではないもののクリスマスソングの定番となり、B’zの中でも人気のある楽曲のひとつである。B’zのベストアルバムには高い頻度で収録されており、それに伴い後述のような多くのバージョンが製作されている。
メンバーはこの曲について、「数あるB’zのバラードの中でもメロディと歌詞のバランスが良く、特に気に入っている1曲」(松本)、「これほどまでに皆さんに愛される曲になるとは想像できなかった」(稲葉)とコメントしている。

B’zのベストアルバム『B’z The Best “Treasure”』(1998年9月20日発売)の収録曲を決める際のファン投票では6位にランクインし収録されたほか、音楽番組「COUNT DOWN TV」(TBS系列)の『クリスマスに聴きたい歌』アンケートでは、1997年から2006年まで9年連続1位を獲得(2007年は2位、2011年は2位)。「ミュージックステーション」(テレビ朝日系列)のリクエストランキングでも頻繁に登場し、自身の好きな楽曲のひとつにこの曲を挙げるアーティストもいる。「JAPAN COUNTDOWN」(テレビ東京)の「クリスマスソング・セレクション」では、「発表以来長く愛されているクリスマス・ナンバー」「クリスマスの定番曲となった屈指のバラード」として選出された。
カラオケでも人気があり、第一興商調べによる「クリスマスソングの歴代カラオケリクエスト数ランキング」(調査期間:1994年1月〜2012年12月15日)では、本楽曲が1位となった。番組内では、「幅広い世代の男女に人気がある」「クリスマスシーズンに限らず歌われている」と解説された。
2011年には後述のタイアップもあって、レコチョク調べによる「着うたフル総合ランキング」11月29日付(89位)で初登場。その後、同12月6日付(30位)、同12月13日付(11位)と順位を上げてゆき、同12月20日付(8位)において、楽曲の発表から20年目にして初のTOP10入りとなった。現在もクリスマスシーズンになると、iTunes StoreなどのPC配信で再浮上する現象をみせている。

赤鼻のトナカイを演奏しました。

赤鼻のトナカイ(あかはなのとなかい、原題: Rudolph the Red-Nosed Reindeer)は、ジョニー・マークス (Johnny Marks) 作詞・作曲のクリスマスソングである。

歴史
原案『ルドルフ 赤鼻のトナカイ』
詳細は「ルドルフ 赤鼻のトナカイ」を参照
1938年に実際にあった出来事として、1939年にシカゴの通信販売会社モンゴメリー・ウォード (Montgomery Ward) 社に勤めるロバート・L・メイ (Robert L. May)によって同社の宣伝用の児童書が書かれ、250万部のベストセラーとなった。同書は1946年に再発行され、さらに350万部を発行した[1]。

楽曲の誕生
1948年、マークスによって『ルドルフ 赤鼻のトナカイ』のストーリーを元に楽曲が制作され、1949年にジーン・オートリー (Gene Autry) の歌でレコードが発売された。オードリーのレコードは当時200万枚を売り上げ[1]、ビルボードチャートで1位を記録した。
その後も時代を越えたロングセラーとして、「サンタが街にやってくる」、「ジングルベル」と並ぶ三大クリスマスソングとなる。作詞作曲者のジョニーが亡くなった1985年までに「赤鼻のトナカイ」の総売上は1億5000万枚を突破した。

日本語訳詞
日本語訳詞は、新田宣夫(別名 草野昌一、漣健児)の訳が広く知られているが、他に高田三九三や服部レイモンド、加藤省吾、山本ただしの訳がある。
原詞に登場する「ルドルフ」というトナカイの名前は、新田宣夫と高田三九三の訳詞には登場しないが、服部レイモンドと加藤省吾、山本ただしの訳詞には登場する。高田三九三の訳詞には「(イ)エスさま」が登場する。

Last Christmasを演奏しました。

「ラスト・クリスマス」(英: Last Christmas)はイギリスの音楽グループワム!(Wham!)が1984年にリリースしたシングル。クリスマスシーズンになると流れるクリスマスソングの定番曲となっている

人気絶頂だった1984年のクリスマスに合わせて発売されたクリスマスソング。タイトルは「去年のクリスマス」と言う意味で、クリスマスの失恋をテーマとしている。ワム!名義で発売された曲ではあるが、実際にはジョージ・マイケルが一人で録音している(演奏は打ち込みによるもので、ギターもこの曲には入っていないため、ジョージ自身が実際に演奏しているパートはない)。通常のシングル・バージョンのほかに当時流行の12インチ・バージョンが、「プディング・ミックス」という名前で発表された。現在入手できるのは殆どがプディング・ミックスの方で、シングル・バージョンの方が収録されているアルバムは、オムニバス物を含めても少ない(現在はダウンロード形式でのシングル・バージョンの入手は可能)。
日本のオリコンチャートでは、1984年12月30日付の総合シングルチャートで最高12位を記録し、同チャートの洋楽シングルチャートでは1988年12月19日以後。通算で30週1位を獲得した。この1位獲得週数は、2013年現在、最長記録となっている。1992年にはオリコン洋楽シングルチャートの年間チャート1位となった。イギリスでは、1985年のクリスマスの時期に再発売され、再びトップ10入り(6位)を果たした。以降もクリスマスの時期になると、チャートの上位にランクインし、クリスマスソングの定番曲として、現在に至るまで数多くの歌手にカバーされている。また、2007年には「ワム!」名義で「Last Christmas 2007」がリリースされている。アメリカではシングルレコードとして発売されていないが、ビルボードのアダルト・コンテンポラリーチャートで最高22位、1998年にはビルボードのエアプレイチャートで最高58位を記録した。

ママがサンタにキスをしたを弾いてみました。

「ママがサンタにキッスした」(「ママがサンタにキスをした」とも。原題:I Saw Mommy Kissing Santa Claus)は、トミー・コーナーが作詞作曲したクリスマス・ソングである。
オリジナルは、1952年6月15日にジミー・ボイドが13歳のときに録音した。ビルボードのチャートで1952年12月に1位を記録し、キャッシュボックスのチャートでは1953年のはじめに1位を記録した。この歌はサックス・フィフス・アベニュー百貨店で数十年間クリスマスカードのコマーシャルのために流されていた。
詞は、子供がクリスマスに母親がサンタクロースにキスをしているのを目撃した内容である。
クリスマスにキスをするという内容に対して、ボストンのカトリック教会はボイドのレコードを非難した。そのため、ボイドは大司教区へ歌を説明しに行き、話し合いの後で解禁された。

Jingle Bell Rockを演奏しました。

Winter Wonderland

White Christmasを演奏しました。

「ホワイト・クリスマス」(英語: White Christmas)とは、古風なクリスマスの情景の思い出を歌ったアーヴィング・バーリン作詞・作曲のクリスマスソングである。ビング・クロスビーが歌ったバージョンは、歴代で最もよく売れたシングルとされている。
バーリンが、いつ、どこでこの歌を作ったかについては諸説がある。一説では、1940年にアリゾナ州フェニックスのボルチモア・ホテルのプールサイドで作ったともいわれている。バーリンはしばしば徹夜で曲を作ることがあったが、その時は秘書に「すぐペンを執ってこの歌を書き留めてくれ。これまで作った中で最高の歌ができたぞ – いや、これまで誰も書いたことがないくらい最高の歌ができた」と言ったという

この歌を最初に発表したのはビング・クロスビーであり、クロスビーをホストに据えたNBCのラジオ番組『The Kraft Music Hall』の1941年のクリスマスの放送でこの曲を歌ったが、その際の音源は残っていないとされる[1][5]。1942年5月29日、クロスビーは、ジョン・スコット・トロッターの楽団、ケン・ダービー・シンガーズと一緒に、この曲をデッカ・レコードで録音し、映画『スイング・ホテル』で使用された6曲を集めたSP盤のアルバムに収められて7月30日に発売された[1][5]。当初、クロスビーはこの歌について、特に何とも思っていなかった。クロスビーはバーリンに「この曲には何も問題はないよね、アーヴィング」と言っただけだったという。
初めのうち「ホワイト・クリスマス」は、同じ映画からの最初のヒット曲「ビー・ケアフル、イッツ・マイ・ハート (Be Careful, It’s My Heart)」の陰に隠れていた[5]。しかし、1942年10月末には「ホワイト・クリスマス」が人気ラジオ番組『Your Hit Parade』でチャートの首位に立ち、そのまま翌年まで首位に留まり続けた。
しばしば指摘されることであるが、物憂げな雰囲気(昔よく知っていたような雪景色のクリスマスを夢見ている、という設定など)と、心地よい家郷の雰囲気(梢は輝き、といった描写)が混ざり合ったこの曲は、第二次世界大戦下にあった聴き手たちの心に、特に強く響くものであった。米軍放送には、この歌のリクエストが殺到した。
1942年中、クロスビーの録音は、ビルボードのポップ・チャートの首位に11週間立ち続けた。さらに当時のビルボードによる黒人音楽系チャート(黒人音楽系のラジオ局における放送回数などによる)「Harlem Hit Parade」においても3週にわたって首位に立ち[6]、クロスビーを黒人系チャートに初めて登場させた曲となった。
その後、デッカはシングル盤を再発売し、1945年と1946年のクリスマス・シーズンにも「ホワイト・クリスマス」はチャートの首位に立った(1946年のシーズンについては1947年1月4日付)。つまり、中断を挟んで3度、全米チャートの首位に立った唯一の曲となったのである。その後もこの曲は、毎年のようにポップ・チャートに浮上し、ビルボードが1963年から独立したクリスマス・チャートを季節に合わせて掲載するようになるまで、その回数は20回におよんだ。
ミュージカル映画『スイング・ホテル』で用いられていた「ホワイト・クリスマス」は、1942年のアカデミー歌曲賞を受賞した。映画の中でクロスビーは、女優マージョリー・レイノルズとデュエットで歌っているが、歌声はマーサ・ミアーズが吹き替えたものである。今では有名なこの場面は、当初の撮影案にはなく、当初はクロスビーではなくレイノルズがひとりで歌うことになっていた。
今日、よく聴かれるクロスビーの「ホワイト・クリスマス」は、1942年録音のものではない。1947年3月18日、クロスビーはデッカ・レコードのスタジオに呼ばれ、この曲を再録音した。1942年録音のマスターは、既に頻繁に使用され、消耗していた。初録音の音を正確に再現することに意が払われ、再びトロッターの楽団とケン・ダービー・シンガーズがクロスビーの伴奏をした。それでもオーケストレーションには微妙な差異があり、新たにチェレスタとフルートが加えられて導入部がより明るくなっているところは最もわかりやすい。1947年版クロスビーの「ホワイト・クリスマス」は、ビルボードのポップ・チャートでは最高3位を記録した。
クロスビーはこの歌の成功への自分の貢献について否定的な姿勢だったが、その後のキャリアにおいては、この曲とずっと結びつけられることになった。クロスビーが主演した1954年のミュージカル映画『ホワイト・クリスマス』は興行的に大成功を収めた。

きよしこの夜を演奏しました

『きよしこの夜』(きよしこのよる、ドイツ語: Stille Nacht)とは、有名なクリスマス・キャロルのひとつ。
原詞の Stille Nacht は、ヨゼフ・モールによって、ドイツ語で書かれ、フランツ・クサーヴァー・グルーバーによって作曲された。この曲の英語曲題が「Silent night」(作詞・John Freeman Young)であり、日本語曲題が「きよしこの夜」(作詞・由木康)である。

1818年12月25日にオーストリアのオーベルンドルフの聖ニコラウス教会で初演された。この歌にまつわる逸話として、 “クリスマス・イヴの前日、教会のオルガンが発音できない状態になった(音の出なくなった理由はネズミにかじられた等、諸説あり)。そして、クリスマスに歌う賛美歌の伴奏ができなくなり、急遽ヨゼフは“Stille Nacht”の詞を書き上げ、グルーバーに、この詞にギターで伴奏できる讃美歌を作曲してくれるように依頼を行った。グルーバーは最初「教会でギターを弾いても誰も気に入らないのではないか?」と懸念していたが、ヨゼフの説得もあって詞に曲をつけることを了承した。グルーバーは一晩中懸命に考え続け、ついにこの曲を完成させた。曲が完成したのは教会でミサが始まるわずか数時間前のことであった” という逸話があるが、近年の研究では数年前にヨゼフは詩を完成させていたという説が有力である。しかし、グルーバーが短期間で作曲したのは正しいと推測されている。
1988年に製作された西ドイツ(当時)の映画「マグダレーナ/『きよしこの夜』誕生秘話」は、上記の出来事をベースにし、神父と娼婦の禁じられた恋というフィクションが加えられたものである。
なお現在一般的に歌われているメロディーは、グルーバーの自筆譜と相違がある。ウィーン少年合唱団のレコードの中には、グルーバーの原譜通りのものがある。

恋人がサンタクロースを演奏しました。

「恋人がサンタクロース」(こいびとがサンタクロース)は、松任谷由実の楽曲。1980年12月1日に発売された10枚目のオリジナルアルバム『SURF&SNOW』に収録され、映画『私をスキーに連れてって』の挿入歌ともなった。

山下達郎の「クリスマス・イブ」と並び[1]、J-POP クリスマス・ソングの定番曲である。松任谷自身はこの曲をシングルカットしなかったが、後に多くのアーティストがカバーを発表し、また松任谷のベストアルバム『Neue Musik』の収録曲を決めるファン投票で4位に入るなど、松任谷の代表曲の一つとなっている。
作詞・作曲は松任谷由実、編曲は松任谷正隆。歌詞にはユーミンらしい乙女チックな趣がある。メロディは、シンコペーションを多用した快適なリズム感を持ち、凝ったコード進行で流れる。
コラムニストの小田嶋隆によると後に与えた影響は計り知れなく曲の大ヒットによって「クリスマス=サンタクロースと子供たちのイベント、宗教行事から恋人たちの一大恋愛イベントに変わった」と推測している

クリスマスキャロルの頃には を演奏しました。

「クリスマスキャロルの頃には」(クリスマスキャロルのころには)とは、日本の歌手、稲垣潤一の楽曲であり、27枚目のシングルである。稲垣最大のヒットシングルで、カバーも含め幾度かにわたってシングル(8cm盤、12cm盤)が発売されている。
クリスマスソングにカテゴライズされているが、歌詞からもわかるように、倦怠期の恋人同士がクリスマスまで距離を置いて、お互いの今後を見つめ直そうといった内容を男の視点から歌った楽曲である。
最初のシングル発売は1992年10月28日で、TBS系テレビドラマ『ホームワーク』の主題歌として起用された。そのため、『突然バラエティー速報!!COUNT DOWN100』(TBS)のランキングVTRでは、稲垣の他に唐沢寿明・清水美砂・福山雅治・浦江アキコが出演している(ただし、ドラマの映像を使用)。
発売週のオリコンシングルチャートでは3位だったが、2週目に1位を獲得した。1週でランク落ちするものの、3週連続を含む通算4週間1位を記録した。『突然バラエティー速報!!COUNT DOWN100』(TBS)では、カールスモーキー石井・松任谷由実「愛のWAVE」が、2社(Sony Records、東芝EMI)からの発売で、集計しにくいということからランクインしなかったため、5週連続1位となった。
最終的に日本レコード協会、オリコンともにミリオンセラーの売上を達成した。日本レコード協会の調査では、約170万枚の総売上と発表されている。
稲垣自身、1982年に「ドラマティック・レイン」がヒットして以降、発売するシングルの売上げが7 – 8万枚という状態が続いたが、本作の大ヒットにより、一部でささやかれていた一発屋という呼称を振り払った形となる[要出典]。ただし、前年には「メリークリスマスが言えない」がオリコンチャートトップ10入りを果たすヒットになっている。
オリジナル盤の発売から約1年後、「メリークリスマスが言えない」を両A面曲として、クリスマス仕様のデザイン・マキシシングル用薄型ケースに入ったシングルをリリースした。
アルバム収録は、1992年12月2日発売の『ON TELEVISION』(ON TV、ドラマ主題歌・TVCM起用曲特集盤)などベスト盤のみである。翌1993年3月24日発売の13枚目のオリジナル・アルバム『for my DEAREST』には収録されていない。
2009年11月18日、広瀬香美とのデュエット版をリリースした。稲垣のデュエットアルバム『男と女2』からのシングルカット曲となる。
稲垣自身は、クリスマスの時期になるとスーパーでこの曲のインストゥメンタルが流れるため、恥ずかしくて買い物へ行けないと語っている。

白い恋人達を演奏しました。

「白い恋人達」(しろいこいびとたち)は、桑田佳祐の7枚目のシングル。2001年10月24日発売。発売元はタイシタレーベル。
ジャケットは桑田がピアノに手を当てる姿が映されており、「Kuwata Keisuke White Love」という文字が表記されている。
同時発売のアナログ盤は、透明のハート型の変形レコードとなっている。キスするカップルが描かれている。販促品として配られたシールにもこのイラストは使われていた。
ジャケットやPVや歌番組では桑田がピアノを弾いているが、実際曲中でピアノを弾いているのは妻の原由子である。本作収録曲は、翌年のアルバム『ROCK AND ROLL HERO』には収録されず、ベスト・アルバム『TOP OF THE POPS』に収録されている。
本作は関口和之がプロデュースするサザンのカバーアルバム『World Hits!? of Southern All Stars』との同時発売となり、購入特典なども登場した。
チャート成績
2001年11月5日付のオリコンランキングで初週52.0万枚を売り上げて、1位を獲得した[3]。累計123.1万枚(オリコン調べ)を売り上げて、自身のソロシングルとしては最大の売上となっている(ただし、集計期間の関係上2001年の年間売り上げでは前作よりも下回る。また桑田関連のソロ企画としては桑田佳祐&Mr.Children名義の「奇跡の地球」が最大)。

白い恋人達
(作詞・作曲・編曲:桑田佳祐 弦&管編曲:島健)
自身出演のコカ・コーラ「No Reason」CMソング・キャンペーンソング。
同曲を使用したコカ・コーラのテレビCMの映像は天竜浜名湖鉄道三ヶ日駅のプラットホームでロケが行われた。ロケを行ったプラットホームには元々屋根は無かったが、ロケに際してセットを組んでいる。
タイトルの元ネタは映画『白い恋人たち』であると桑田は語っている[6]。
歌詞には“クリスマス”が入っていないが、クリスマスや冬になると耳にしたりすることが多い[6]。ファン以外にもその人気は高まっており、冬の定番ソングとなりつつある。
ユースケ・サンタマリアと内村光良も出演したPVは、2002年のDVD『桑田佳祐ビデオクリップス2001~2002 D.V.D. WONDER WEAR』に収録された。『TOP OF THE POPS』にはリマスタリングが施され収録された。2005年には米国のR&Bグループ、ボーイズIIメンがアルバム「ウィンター/リフレクションズ」で、2009年には平井堅がアルバム「Ken’s Bar II」でカヴァーしている。
日本テレビ『スッキリ!!』の2008年12月10日放送分で、「寒〜い日に聞きたい!冬のラブソング・ベスト10」で1位を獲得。
歌手のBENIが2012年に発表したカバー・アルバム『COVERS:2』でカバーしている。

Joy to the World(もろびとこぞりて)を演奏しました。

もろびとこぞりて(英語: Joy to the World! the Lord is come)とは、欧米の有名クリスマス・キャロル『民みな喜べ』と同曲に別詞(原題: Hark the glad sound! the Saviour comes)の訳詞を載せた、日本のポピュラーなクリスマス讃美歌である。
『もろびとこぞりて』の曲であるチューンネーム『アンテオケ』は、英語圏ではJoy to the World!の詞で歌われる事が普通である。しかし欧米ではもともと讃美歌の曲と詞の結びつきはさして強固ではなく、ミーター(音律)が合致すれば同詞を別曲で歌う事は普通に行われていた(この件の詳しい説明は「賛美歌」を参照)。
そのため、日本で1923年に発行された歌集「讃美歌」では第57番にHark the glad sound!の訳詞『もろびとこぞりて』にチューンネーム『アンテオケ』の曲を合わせた譜、第58番にJoy to the World!の訳詞『たみみなよろこべ』にチューンネーム『ウィンチェスターオールド』の曲を合わせた譜を『アンテオケ』でも歌える事を注に示しつつ見開きで掲載した。しかし日本では歌詞と曲を任意に組み合わせる文化が定着せず、本来は組み合わせ例の1つに過ぎなかったはずの掲載譜が支配力を持ってしまった。また『たみみなよろこべ』を讃美歌として変則的に長いアンテオケで歌うには掲載詞に対し繰返し部を作成する操作が必要だったため、それはほとんど行われなかった(『もろびとこぞりて』はその操作を為したものをベタで掲載していた)。
こうしてアンテオケは『もろびとこぞりて』の専用曲として認知されていき、ほとんど歌われなかった『たみみなよろこべ』は1931年の讃美歌改訂で日本の讃美歌集から消えてしまった。しかし1958年発行の日本福音連盟、「聖歌」では第122番に中田羽後訳による、Joy to the World!のアンテオケ合わせた訳詞『たみみなよろこべ』が収録された。それは、2002年発行の「聖歌」(総合版)第70番に引き継がれた。
こうして、世界的に最も有名なクリスマスキャロルの1つであるこの曲は日本では諸外国とは別の内容の歌詞で歌われていたが、聖歌・聖歌(総合版)には諸外国と同一の歌詞が採用され同一の歌詞でも歌われることになった。1954年の讃美歌112番、カトリック聖歌654番。

The Christmas Songを演奏しました。

「ザ・クリスマス・ソング (The Christmas Song)」は、1944年にミュージシャンで作曲家、歌手のメル・トーメが、ボブ・ウェルズと一緒に書いた曲。特にナット・キング・コールによる歌唱で広く知られている。英語では副題として「Chestnuts Roasting on an Open Fire」が添えられたり、発表当初の副題「Merry Christmas to You」が添えられることもある、クリスマス・ソングの定番の一つ。

トーメによれば、この曲は、焼け付くような暑い夏の盛りに書かれたのだという。「クール(cool=冷たい、涼しい、賢いなどの意)なことを考えながら、クールに過ごそうと」しているうちに、(BMI によれば)最も演奏機会が多いとされる、このクリスマス・ソングが誕生したのである。
トーメは次のように回想している。「螺旋綴じのノートが彼(共作者のボブ・ウェルズを指す)のピアノの上に置いてあって、4行が鉛筆書きされていたのを見た」「それぞれの行の始まりは、『クリを焼く… (Chestnuts roasting…)、ジャック・フロスト(霜の精)が凍えさせる… (Jack Frost nipping…)、ユールのキャロル… (Yuletide carols…)、みんなエスキモーのように着込んでいる(Folks dressed up like Eskimos)』とあった。ボブは歌詞を書いているつもりじゃなかった。彼は、冬のことを考えて没頭していれば、少しは涼めるのではないかと思っていたんだ。」その後、40分で、曲は完成した。「作曲は僕が全部やったし、歌詞の一部も僕が書いた」とトーメは述べている。
ナット・キング・コール率いるザ・キング・コール・トリオは、1946年前半に、初めてこの曲を録音した。その後、コール自身が要請し、所属レーベルであったキャピトル・レコードの反対を押し切って、同年のうちに、小規模なストリングスを入れて2回目の録音が実現し、こちらのバージョンがポップ・チャートでもR&Bチャートでも大ヒットとなった。さらにコールは、1953年にも、ネルソン・リドル (Nelson Riddle) の編曲と指揮によるフル・オーケストラの伴奏で録音を行ない、1961年にはラルフ・カーマイケル (Ralph Carmichael) の指揮するオーケストラで、ステレオ録音を行なった。この1961年の録音が一般的には決定版と見なされており、2004年に行なわれた調査では、この季節の歌として30代・40代の女性たちから最も愛されている曲とされたが、1946年の最初の録音は、1974年にグラミーの殿堂入りを果たしている。

Happy Xmas (War Is Over)

ハッピー・クリスマス(戦争は終った)(Happy Xmas (War Is Over))は、1971年に発表された、ジョン・レノン&オノ・ヨーコの楽曲。クリスマスソングの定番として、現在も頻繁に流されている。
ジョンのソロキャリアにおける代表曲のひとつであり、今もなお高い人気を誇る。ベトナム戦争を嘆き「争いを止めよう」「望めば戦争は終わる」というポジティブなメッセージが込められている。ただのクリスマスソングにしないあたりは、ジョンの才能と言える(元々ジョンは、『ただの』ではない、「永遠に残る、意味のあるクリスマス・ソングを作りたい」と考えていた)。B面曲は、ヨーコが歌う「リッスン・ザ・スノウ・イズ・フォーリング」(1971年当時の邦題は「ほら、聞いてごらん、雪が降っているよ」)。
1971年12月1日に、アメリカ等でリリースされた当初はチャートインしなかったが、翌年イギリス発売され、全英4位まで駆け上がった。ジョンの死後には全英2位を記録した。これは、今日の我々の感覚ではにわかに信じ難いが、リリースがXmasの1ヶ月も前で「時期はずれ、早すぎる」と思われたからだという(1990年代後半以降では、このくらい早く準備しないと商業的には間に合わない)。これについて、「いつもの事ながら、ミスったね」と笑うジョンのコメントも残されている。
アメリカでは当時、キャッシュボックスで最高36位、レコード・ワールドで最高28位を記録。ビルボード(Billboard)誌では、クリスマスソングは一般チャートにランクインさせない規定があったため、HOT 100にはランクインせず。1995年12月30日付のビルボードのアダルト・コンテンポラリー・チャートで、何故か1週だけランクインし、32位を記録している。
ちなみに、1971年にリリースされたのはアメリカと日本でのみで、イギリスでは1年後となった。理由は、当時ジョンのソロ曲(ジョン・レノン名義)の版権も管理していたノーザン・ソングスが、「ジョン&ヨーコ・オノ・レノン名義」で発表したことに難癖をつけていたためである(現在は、ソロ曲のみレノン・ミュージックとオノ・ミュージック、レオーノ・ミュージックの3社に分けて管理されている)。
オリジナルシングル盤によると、正式なアーティスト名は「John&Yoko Plastic Ono Band with the Harlem Community Choir」である。ちなみに、バックの子供のコーラス隊の名前は「the Harlem Community Choir」。
また、中央競馬で毎年12月のクリスマス時期(主に有馬記念の開催日)の最終レースとして行われる『ノエル賞』(ノエルとはフランス語でクリスマスの意味)の本馬場入場の際にこの曲がBGMとして使われることがある。

あわてんぼうのサンタクロースを演奏しました。

サンタさんいつから来なくなっちゃったっけなあ・・。

Let It Snowを演奏しました。

特にクリスマスのことを歌ってはいませんが、雪がホワイトクリスマスを連想させて、Woody Herman and his Orchestra(ウッディ・ハーマン楽団)も1946年に録音しましたが、ボーカル・バージョンとしてはヴォーン・モンローが最初に歌い、それ以来今日までクリスマスソングとして人気のある曲です。

my favorite thingsを演奏しました

私のお気に入り
「私のお気に入り」(わたしのおきにいり、原題:My Favorite Things )は、ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』のうちの一曲。リチャード・ロジャース作曲、オスカー・ハマースタイン2世作詞。映画では、雷を怖がる子供達がマリア先生(ジュリー・アンドリュース)の部屋にやってくる場面で歌われる。また、マリア先生がトラップ家に帰ってきたときにも歌われる。
ジャズのスタンダード・ナンバーとしても知られ、ジョン・コルトレーンなどによってカバーされている。原曲は3拍子だが、ジャズでは6/8や4拍子にアレンジされることも少なくない。
日本では、JR東海の観光キャンペーン『そうだ 京都、行こう。』のCMソングとして使用されていることでも知られる。四季の変化にあわせて曲調が上下する。
映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の冒頭で、ビョーク演じるセルマがミュージカルの稽古をしているときに、仲間が歌っている歌でもある。

すてきなホリディを演奏しました。

ジングルベルを演奏しました。

ジングルベル(Jingle Bells)は、クリスマスの時期に世界中で歌われているクリスマスソング代表作の一つ。

1857年にジョン・モルガンの叔父で牧師のジェームズ・ロード・ピアポント(英語版)が作詞作曲した歌で、ボストンにある自分の教会のサンクスギビングのお祝いで歌うために作った。最初につけられた歌の名前は、One Horse Open Sleigh(1頭立ての橇)であった(この原曲は、唱歌「旅愁」の作者ジョン・P・オードウェイ(英語版)に献呈されている)。大変好評であったため、クリスマスでも歌われ、その後アメリカ中に広まっていき、タイトルもジングルベルに変わった。
歌詞の中には宗教的な語句やクリスマスに対する言及がなく、若者たちが冬に橇で競争する様子を歌った歌である。4番まであるが、1番とコーラス部分だけが広く歌われている。
2007年11月28日に、「ジングルベル」作曲150年を記念して、松崎しげる、サンプラザ中野、犬神サーカス団、山崎バニラ、浅草ジンタ、平野綾、TATE、仙台貨物、PONI-CAMP、The卍、ドリーミング、市川稔がカバーした「ジングルベル」を収録したアルバム『Jingle All the Way!』が発売された。

All I Want For Christmas With Youを演奏しました。

「恋人たちのクリスマス」(こいびとたちのクリスマス、原題:All I Want for Christmas Is You(オール・アイ・ウォント・フォー・クリスマス・イズ・ユー)=クリスマスに欲しいのはあなただけ)は、アメリカ合衆国の歌手マライア・キャリーとウォルター・アファナシエフによって製作された楽曲。多くのハンド・ベル、バック・コーラス、シンセサイザーを使用しポップな曲調に仕上げた。マライアが1994年に発表した5作目のスタジオ・アルバム『メリー・クリスマス』に収録された楽曲。

クリスマス・プレゼントは要らない、サンタクロースにプレゼントとして運んできてほしいのは(歌詞中の主人公の)恋人だけというサンタクロースへの願いをうたった内容の楽曲である。そのため、日本語タイトルの”恋人たちのクリスマス”と楽曲の歌詞には差異が生じている。この楽曲はアルバムからのファースト・シングルとして1994年12月にリリースされ、いくつかの国の音楽チャートでトップ10入りのヒットを記録している。 また、1998年11月に発売され、日本で最も売れた洋楽アルバムとなったマライアのファースト・ベストアルバムであるザ・ワンズに日本版ボーナストラックとして収録されている。 クリスマスの季節になると毎年のようにチャートの上位に戻ってきており、クリスマス・ソングの定番のひとつとしても世界中で親しまれている。
なお日本ではドラマ「29歳のクリスマス」の主題歌として有名になった。

定番クリスマスソング25曲


25曲が13分におさめられています。お休み前などにどうぞ。
動画に楽譜が付いている曲はジャズピアノ練習法ソロピアノ編に楽譜が収録されています。

1.サンタが街にやってくる
2.All I Want for Christmas is You
3.ジングルベル(楽譜あり)
4.すてきなホリデイ
5.私のお気に入り
6.Let It Snow
7.あわてんぼうのサンタクロース
8.Happy Xmas
9.The Christmas Song
10.Joy to the World
11.白い恋人達
12.クリスマスキャロルの頃には
13.恋人がサンタクロース
14.きよしこの夜(楽譜あり)
15.White Christmas
16.Winter Wonderland(楽譜あり)
17.Jingle Bell Rock
18.ママがサンタにキスをした
19.もみの木(楽譜あり)
20.ラストクリスマス
21.赤鼻のトナカイ
22.いつかのメリークリスマス
23.This Christmas
24,クリスマスイブ
25.We Wish a Merry Christmas(楽譜あり)

こちらの記事も読まれています。

シンプルなメロディはアレンジが楽しい。童謡から学ぶジャズアレンジ

ジャズピアノの楽譜と具体的な練習方法をまとめたPDFを 無料で配布しています。

gif;base64,R0lGODlhAQABAAAAACH5BAEKAAEALAAAAAABAAEAAAICTAEAOw==

無料PDF:ジャズピアノが弾けるようになるための エクササイズまとめました。

ジャズピアノってどうやって弾けばいいの?コード、アドリブのことがよくわからないと悩んでいませんか?

  • ペンタトニックを基調としたジャジーなアイデア
  • ・弾くだけでジャズのハーモニー感が養われる曲集
  • ・明日から使える定番イントロ

など、ジャズピアノの奏法を8種類のPDFに渡って詳細に解説しています。是非ご活用ください♪

無料PDFをダウンロード

当サイトはリンクフリーです

気に至った記事がありましたらお持ちのブログやSNSでぜひぜひ紹介してください◎

オススメ教本

コード編

ソロピアノ編

プロフィール

ナガヨシトシオ

ナガヨシトシオ

癖毛系ジャズピアニスト、乳酸菌とビール、Bill Evansが好き。

全教材一括購入で55%オフ!All in One Pack

45000→20000円で全教材を販売中!

人気の記事