⇒完全初心者のためのジャズピアノ習得ロードマップ

「まずジャムセッションに行け」は正しいのか【8】

初心者

ジャムセッションに行け!まず行け!
ええ・・

ジャズピアノ初心者へのアドバイス3,「まずジャムセッションに行け」は正しいのか

大前提として、
ジャズピアノが弾ける像1.「ジャムセッションに参加、ジャズライブで演奏」
にあこがれを持つ人へのアドバイスになります。

「市販の楽譜のソロピアノで楽しみます!どううまくなればいいですか?」
って人にセッション行け!とは言えないよね。

筆者のスタンス

・「セッションに参加したいなら、セッションに参加すればいいじゃない」じゃだめかしら?
・ジャズ上達のPDCAを回していけ
・愛のあるアドバイスだと思ってもらえれば・・

「セッションに参加したいなら、セッションに参加すればいいじゃない」じゃだめかしら?

「セッションに参加したいのですが、何を勉強すればいいですか?」
というよくある質問。

「とりあえずセッション参加してくれば?」
という答えではだめでしょうか?

ええ!参加できる曲なんてないし、なにすればいいかわからないよ!
失敗して恥ずかしい思いするのも嫌だし、怖いよ!
上手くなってからセッション行こう!だと一生セッション行けないよ。
セッションに行くから上達するんだ!

言いたいことは分かるけど、ちょっと厳しすぎるんじゃない?
獅子は我が子を千尋の谷に落とす」ですか?
とりあえず行けってのは分かったから、せめて最低限知っておいた方がいいこととか
そういうのだけでも教えてよ。やっぱり恥ずかしいのは嫌だよ。

伝授しましょう。

大前提として誰もあなたの事をそんな見ていないし、
お店のシステムは初見殺しのシステムばっかりだから、対策を練るというよりか
どうせみんな最初は間違うとあきらめてかかった方がいいかもね。

それもどうなんだ、でも間違っても誰も気にしないのね。

入店編

・初心者セッションと書いてあるセッションに行くべし!
・入店時に「セッション参加者」であることを伝える。
・名前・楽器は直接言うか、渡される参加者名簿に書く
・そこでドリンクの注文と会計があるかも
・空いている席に座る。

演奏編

・名前を呼ばれたらピアノに向かう
・共演者に挨拶
・「ブルースと枯葉しか出来ません」と伝える。
・「イントロお願いしますと言われたら」「カウントでお願いします」と返す
・演奏し、終了したら共演者に挨拶し、戻る。

ブルースと枯葉はどうやって弾くのさ

詳しい弾き方はまた別ページを作るけど、練習してもしなくても最初はそう変わるものじゃないよ。
むしろこれ以上の準備なんてするな!セッションに行け!
めちゃくちゃだようこの人、、
皆最初は失敗して恥ずかしい思いをするし
そうやって成長していくんだ。
永吉さんが嫌いな認知バイアスじゃん。
失敗しないと成長できないなんて、そもそもシステムに問題があるんじゃないの?
失敗は成功の母という言葉もあるからね。
厳しいかもしれないけど、極端に失敗や恥をかくことを恐れていたら何も手に入らないよ。
それは確かに、、

ジャズ上達のPDCAを回していけ

Plan・・計画を立てる。

ブルースを練習して、セッションに参加するぞ!!

Do・・試行

練習したぞ!セッション参加だ!

Check・・評価

録音を聴いてみよう!

Action・・改善

リズムにうまく乗れてないな!次の計画に組み込もう!

これで1サイクルです。
サイクルを回すために、ジャムセッションへの参加が必要になるわけです。

ジャムセッションの結果を評価内容にするんだ~。
ライブでもいいけどね。
やっぱり実戦でのフィードバックは貴重なデータだよ

愛のあるアドバイスだと思ってもらえれば・・

ということで、少し厳しめだったかもしれませんが、
甘いことだけ言って成長できないのではあなたのためにならないので、
愛のあるアドバイスだと受け取ってもらえたらこの記事を書いた甲斐があります。

また愛のあるアドバイスしたの?
僕はいいんですよ。
安心するフレーズを授けよう。
・初見殺しのシステムだから恥ずかしいことなどない
・初心者セッションならみんな優しい
・曲の準備とかしてもしなくてもこちらからしたらほぼ同じ
なんか、、行けそうな気がしてきた!!!
ってか、初心者セッションじゃないと初心者に優しくないってこと?
君のような勘の鋭い・・・略

オススメ記事

⇒完全初心者のためのジャズピアノ習得ロードマップ