⇒完全初心者のためのジャズピアノ習得ロードマップ

日本のジャズバンド紹介19選

雑記

日本のジャズバンドを紹介します。

日本のジャズバンド1.No Name Horses

ピアニスト小曽根真が率いる総勢15名のビッグバンド。 メンバーはいずれも日本を代表するミュージシャンで、自身のバンドにてリーダーを務めるトップ奏者が集結している。

Big Band Symphonic Poem “ROAD”/Makoto Ozone featuring No Name Horses

まさにジャズメンのオールスターバンド!
一流のサウンドをぜひ体感してください。

ジャズを好きな人も、それほど興味が無いという人も
超オススメだよ!!

日本のジャズバンド2.Gentle Forest Jazz Band

Gentle Forest Jazz Band『とっておきタイム 』

現代のヴォードヴィリアン・ジェントル久保田が率いる、21人のビッグバンド。2005年の結成以来、踊れるスウィングジャズに現代的視点を盛り込み、新たなエンターテインメントを展開している。17人の楽器隊と3人組ヴォーカル「Gentle Forest Sisters」が織り成すエキサイティングかつ笑いに溢れるライブパフォーマンスは圧巻。ジャズフェスティバルへの出演やコメディアンとのコラボレート、映画・CMへの楽曲提供など幅広いメディアに露出し、現在日本でもっとも多忙なビッグバンドといえる。

2005年の結成以来、往年のスウィング・スタイルを発展させたユニークなオリジナル・スウィングを武器に、精力的に活動。ポップスやジャズ・シーンで活躍する個性的な17人の楽器隊と、3人組女性ヴォーカル“Gentle Forest Sisters”が織り成す、エキサイティングかつ笑い溢れるライブパフォーマンスは、まさに圧巻。隔月で行なわれているワンマンイベント「SWINGIN’ & STOMPIN’」は、毎回完売するほどの人気を博しています。
2018年にアルバム『GFJB』でメジャーデビューを果たし、ますます勢いづいたライブ活動を展開。ジャズフェスティバル出演をはじめ、人気コントグループ“東京03”や小松政夫などコメディアンとのコラボ、2019年公開『ダンス・ウィズ・ミー』など映画・CMへの楽曲提供ほか、幅広いメディアに露出しており、今、最も多忙で話題性の高いビッグバンドとして注目を集めています。

こちらも若手中心の話題のビッグバンド!
東京03の単独公演でのコラボも最高!
毎回のライブは「これぞエンターテイメント!」といった内容です!

Amazon Primeレンタルでも見れるよ

日本のジャズバンド3.大野雄二&ルパンティック・シックス

永遠の名曲「ルパン三世のテーマ」の生みの親、大野雄二が自らピアノを演奏し、凄腕ジャズメンと贈るホットでクールなジャズ・ライブ。「ルパン三世」、「犬神家の一族」「人間の証明」などで有名な劇伴界の大巨匠、大野雄二が、プレイヤーとして全国各地でライブ活動を展開。Yuji Ohno & Lupintic Fiveを経て、2016年、メンバー編成を新たにYuji Ohno & Lupintic Sixを結成、新たなルパンサウンドで再び旋風を巻き起こす!

ルパンのジャズへの貢献度合いは計り知れないですよね。
ジャズのコアファン以外にもオススメしたいバンド。

やっぱりルパンはいいよね!!

Yuji Ohno&Lupintic Six ~Lupintic Jazz Live~ Oct3.2021 at Denryoku Hall

日本のジャズバンド4. .push

S.A.G. 〜始発、朝焼け、5時散歩〜

. PUSH(ドットプッシュ)は、若手ミュージシャン4人によるジャズ・バンド。 2016年に結成すると、瑞々しく、勢いのある演奏でにわかに注目を集めはじめた。 エモーショナルなドラミングに定評のあるリーダーの西村匠平を中心に、メンバーはベテランからも重用される若手実力派ばかり。。2019年8月には2ndアルバム『ハイボール・パーティー』をリリース。長く演奏されてきたジャズを、現代の視点でとらえ直したバンドとして幅広い層からの注目を集めている。

ジャズ若手実力派のバンド!
コアなジャズファンからもジワジワと人気獲得中。

日本のジャズバンド紹介5.渡辺翔太トリオ

jazz in F-5 vol.25 渡辺翔太 トリオ

今年の2月に大成功を収めた”ReBorn Wood Label Series”第一弾のライヴ音源を収めた最新作『Just A Tiny Music Sauce』を10月にリリース!現在ジャズ・シーンの第一線で活躍する渡辺翔太(p)、若井俊也 (b)、石若駿 (ds)による若手最重要トリオ

若手最重要ピアニストです。

日本のジャズバンド5.若井優也トリオ

Is That So?/Yuya Wakai Trio feat. Satsuki Kusui, Shun Ishiwaka

1986年愛知県名古屋市生まれ。
ヤマハ音楽教室にて3歳よりピアノ、7歳より作曲・和声学を学ぶ。
大学入学後 Miles Davis, John Coltrane, Herbie Hancock, Keith Jarrett らの音楽に大きな衝撃を受け、ジャズピアノに没頭。
2005年第36回山野ビッグバンドジャズコンテストにて優秀ソリスト賞受賞。
現在、原大力(ds)、鈴木央紹(ts)、大野えり(vo)、高樹レイ(vo) 各氏のバンドで揉まれながら、都内を中心に精力的にライブ活動を展開中。

どこをとっても本当に素晴らしいピアニスト、若井優也さんのトリオ。
クラシックピアノの長い経験もありタッチが素晴らしいです。

日本のジャズバンド6.永吉俊雄トリオ

平成2 年生まれ埼玉県出身
6 歳からクラシックピアノを始め、音楽と親しむ。高校生になり、吹奏楽部ではパーカッションを担当。17 歳の時に聞いたビル・エヴァンスに影響され、ジャズピアノに転向。洗足学園音楽大学ジャズコースに入学、在学時はピアノを元岡一英氏に師事する。2013 年3 月に同学園で優秀賞を受賞し卒業。現在は都内近郊ジャズバー、ライブハウスなどで活動中。 2017 年、第38 回浅草ジャズコンテストバンド部門、西村健司セクステットでグランプリを受賞する。

この記事の著者のバンドです。

日本のジャズバンド7.モノンクル

ものんくる / ここにしかないって言って 【MV】

吉田沙良(Vo)と角田隆太(Ba)からなるソングライティング・デュオ、モノンクル。繊細な感情表現と心地よい開放感を併せ持ったボーカル、ジャズ、R&B、エレクトロなどを自由に取り入れたハイブリッドな音楽性によって、音楽ファンから高い支持を得ているふたり

ジャズを基軸にした独自のサウンドに詩情豊かな日本語詞をミックスし、Jazz Japan Award 2013新人賞受賞やフジロックフェスティバル’14年への出場などジャンルの枠を超えた新しい音楽の地平を切り開く吉田沙良(ボーカル)と角田隆太(ベース)からなるポップスユニット「ものんくる」

先ほど紹介した渡辺翔太さんもライブ・レコーディングに参加している作品があります。

日本のジャズバンド8.Wonk

WONK – Midnight Cruise (Official Music Video)

日本の音楽を再定義するエクスペリメンタル・ソウルバンド「WONK」。メンバーそれぞれがソウル、ジャズ、ヒップホップ、ロックのフィールドで活動するプレイヤー/ プロデューサー/ エンジニアという異色なバンド。2016 年に1st アルバムを発売して以来、国内有数の音楽フェス出演や海外公演の成功を果たす。ジャンルや世代を超えた国内外のビッグアーティストへ楽曲提供・リミックス・演奏参加するなど、音楽性の高さは多方面から支持されている。

日本のジャズバンド9.CRCK/LCKS(クラックラックス)

CRCK/LCKS(クラックラックス)『窓』MV

2015年初頭にアメリカへの音楽留学から帰ってきた小西遼を中心に同年4月に結成。以後、都内のライブハウスを中心にライブ活動を展開する。
2016年に1stEPをリリースして以降、サマーソニック2017をはじめ国内音楽フェスに出演。また、定期的にツアーを行うなど精力的な活動を行う。また、各メンバーが様々なアーティストのサポートを行うなど、演奏者としても活動の幅を大きくしている。
ジャズをベースにした技術と個性的なソングライトが放つ独特のサウンドが、ポップ・ミュージックシーンの中でも注目を集める。

日本のジャズバンド10.Stereo Champ

To The Light / STEREO CHAMP

新世代ジャズ・シーンを牽引する若手ギタリスト
精鋭メンバーたちと描くボーダレス・サウンド
日本のみならず世界のジャズ・シーンから注目される若手ギタリスト、井上銘が率いる“STEREO CHAMP”がコットンクラブに帰ってくる。日野皓正、渡辺香津美、カート・ローゼンウィンケル等、国内外の熟練アーティストとの共演や、ポップ・バンド、“CRCK/LCKS”の活動でも話題を集める井上。2017年に類家心平(tp)、渡辺翔太(p,key)、山本連(b)、福森康(ds)といった精鋭たちと“STEREO CHAMP”を始動し、これまで2枚のアルバムをリボーンウッドからリリース。ジャズを軸にあらゆる音楽のエッセンスを吸収したボーダレスなサウンドで、新世代の音楽シーンで唯一無二のスタイルを築いている。

CRCK/LCKSの井上銘さんのリーダーバンドです。
先ほどの渡辺翔太さんもここに。

日本のジャズバンド11.TRI4TH

Guns Of Saxophone / TRI4TH

TRI4THは、日本の5人組ジャズバンドである。 迫力あるライブパフォーマンスが話題のジャズ・クィンテット。此の所リリースするCDはタワーレコードジャズチャートで1位を連続して獲得している。TOKYO JAZZ FESTIVAL 2016にも出演を果たした。

日本のジャズバンド12.JABBERLOOP

JABBERLOOP(ジャバループ)は日本の5人組のクラブジャズ・バンドである。2004年、京都にて結成。2005年、東京進出。2007年、ロンドンより12inch EP『UGETSU』をリリースし、同年コロムビアミュージックエンタテインメントよりアルバム『and infinite jazz…』でメジャーデビュー。2009年、『REVENGE of the SPACE MONSTER』で全米デビュー。 2010年、アルバム『攻め燃える』でiTunesStoreの国内ジャズ部門Re:WIND(年間最優秀アルバム)を獲得する。 2011年、アルバム『経典!』で台湾最大の音楽賞、第22届金曲奨(台湾政府主宰グラミー賞)にて年間ベストアルバムにノミネートされる。 2015年、上京10周年を機に滋賀県、大津市でJABBERLOOP主催『Mother Lake Jazz Fastival』をはじめる。

『シロクマ』がずっとスポーツニュースのBGMで使われていたよね!!

日本のジャズバンド13.qosimode

Finger Tip – quasimode


平戸祐介(Pf、Key)、松岡”matzz”高廣(Perc)、須長和広(Bass)、今泉総之輔(Drums)

クラブ・ジャズシーンにおいて日本を代表するバンドとして世界中にその名を知らしめたクオシモード。2006年に1stアルバム「oneself – LIKENESS」をリリースし、CDショップのクラブ・チャートで軒並み1位を獲得。
2ndアルバム「The Land of Freedom」を’07年にリリース、Gilles PetersonのBBC ”WORLDWIDE” でBEST JAZZ RECORDS4位に選出され、iTunes Music Storeでもジャズチャート1位を獲得、そしてドイツの ”SONAR KOLLEKTIV“ より全世界発売と、’07年クラブ・ジャズシーン最大の話題作となった。同年、LIQUIDROOMにて行なわれたライヴを収録したライブ・アルバム「Straight to the Land of Freedom」を’08年3月にリリース、ライブ・アルバムとしては異例のセールスを記録。
同年10月には待望の3rdアルバム「SOUNDS OF PEACE」をリリースし、クラブジャズでは異例のウィークリー・オリコンチャート69位を獲得した他、iTunesジャズトップアルバム1位、タワーレコード2008年度ジャズ・セールスチャート第2位を獲得。そして ’09年1月にはジャズの名門BLUE NOTEより、創立70周年を記念したカバー企画の日本代表としてアルバム「mode of blue」を発表。本作品は、iTunesはもとよりAMAZON、HMV、タワーレコードなどの各ジャズチャートで軒並み1位を獲得した。
同年4月、quasimodeがこれまで行なってきた数々のリミックス作品を集めたアルバム「GOLDEN WORKS」を発表。また世界の3大ジャズ・フェスティバルに数えられるオランダの「North Sea Jazz Festival」や、日本最大級のジャズ・フェスティヴァル「東京JAZZ」、更にはライジングサン・ロックフェスティバルなど、数多くのビッグイベントに出演を果たす。そしていよいよ、ジャズの名門BLUE NOTEと正式契約を交わし、’09年12月、オリジナル・アルバム「daybreak」をリリースする。
実に驚異のペースで作品を産み出し、今度ますます活躍が期待される大注目のジャズバンドである。

日本のジャズバンド14.fox capture plan

fox capture plan / 疾走する閃光

プロフィール 日本のジャズ・インストゥルメンタル・バンド。 現代版ジャズ・ロックをコンセプトに岸本亮(p)、カワイヒデヒロ(b)、井上司(ds)が集い、2011年に結成。 ジャズ・ピアノ・トリオ編成を軸にポスト・ロック、ドラムンベース、ダブステップなどの要素を取り込んだ新感覚な楽曲が特色。

ヴィレッジヴァンガードでこの曲のずっとMVが流れてたんだよ。
カッコよかったー!

日本のジャズバンド15.jizue

jizue 「sun」

2006年結成。
これまで7枚のフルアルバムを発表し、そのどれもがロングセラーを記録。ロックや、ハードコアに影響を受けた魂を揺さぶるような力強さ、ジャズの持つスウィング感、叙情的な旋律が絶妙なバランスで混ざり合ったサウンドで、地元京都を中心に人気を高め、『FUJI ROCK FESTIVAL』、『GREENROOM FESTIVAL』、『朝霧JAM』といった大型フェスにも出演。
国内に留まらず、カナダ、インドネシア、中国、台湾など、海外にも進出し、その圧倒的な演奏力で高い評価を得ている。

もっともっと注目されてほしい!

日本のジャズバンド16.Calmera

カルメラ – SUNSET DRIVER

2006 年結成、8 人組の大阪発エンタメジャズバンド。メンバーは西崎ゴウシ伝説(Agitator, Tp, Gt, Per)、小林洋介(Tp)、辻本美博(Sax)、寺谷光(Tb)、PAKshin(Key)、宮本敦(Gt)、HIDEYAN(Ba)、きたいくにと(Dr)。2010 年 5 月に 1st アルバム「Hello!! ワールドワイド」をリリース。“エンタメジャズ” を日本から全世界に届けることをコンセプトに活動中。

トロンボーンの寺谷光とこの記事の著者が組んでいるバンド、No Double Dipもよろしくお願いします。

夜よ永遠なれ

日本のジャズバンド17.Bohemianvoodoo

bohemianvoodoo “Adria Blue” 【Music Video】

神奈川県横浜市出身のメロディアス・インスト・ジャズ・バンド。メンバーはbashiry(g)、木村イオリ(p,key)、Nassy(b)、山本拓矢(ds)の4名。2008年に結成し、東京や神奈川を中心にライヴ活動を開始。2010年に1stフル・アルバム『Lapis Lazuli』を発表。モーションブルー横浜で歴代観客動員記録に名を連ね、2ndアルバム『SCENES』が若手ジャズ・バンドとしては異例のロングセールスを記録するなど、話題を呼ぶ。2013年のメンバーチェンジを経て活動を継続。

日本のジャズバンド18.H ZETTRIO

H ZETTRIO/Dancing in the mood [MUSIC VIDEO]

2014年、スイスで開催されている世界3大ジャズ・フェスティバル「モントルー・ジャズ・フェスティバル」への出演をキッカケに、活動を活発化、国内外の大型フェスに多数出演。 H ZETT M(pf/青鼻)のユニーク且つ“無重力奏法”と形容されるテクニカルなピアノと、H ZETT NIRE(ba/赤鼻)、H ZETT KOU(dr/銀鼻)が支えるキレのあるリズムセクションを武器に、独自のアンサンブルを響かせる。この3人以外には作り出せない音楽とグルーヴを追求し続けている。

PE’Z(後述).東京事変第一期のキーボーディスト、ヒイズミマサユ機さんのトリオプロジェクトです。

日本のジャズバンド20.PE’Z

PE’Z – Akatsuki

日本が誇る侍5人衆PE’Z。ジャズをベースにしながらも、ラテンやロックを取り込んだサウンド、緊張感と躍動感を兼ね備えた圧倒的なライブパフォーマンスは、唯一無二の存在である。2008年は、オルタナティヴ・フォークの新人、suzumokuとの新ユニットpe’zmokuとしても活動を行う。
Ohyama “B.M.W” Wataru(Trumpet)
Kadota “JAW” Kousuke(T.Sax)
航(Drums)
Nirehara Masahiro(Bass)
ヒイズミマサユ機(Piano,Keyboard)

日本のジャズバンド19.SOIL&”PIMP”SESSIONS

SOIL & “PIMP” SESSIONS “Summer Goddess”

2001年、東京のクラブイベントで知り合ったミュージシャンが集まり結成。

ライブを中心とした活動を身上とし、確かな演奏力とクールな雰囲気をただよわせながらも、ラフでエンターテイメント、バースト寸前の爆音ジャズを展開。

2005年には英BBC RADIO1主催の“WORLDWIDE AWARDS 2005”で「John Peel Play More Jazz Award」を受賞。以降、海外での作品リリースや世界最大級のフェスティバル“グラストンベリー”、モントルージャズフェスティバル、ノースシージャズフェスティバルなど、数々のビッグフェスに出演、これまでに31カ国で公演を行うなど、ワールドワイドに活動を続けている。

コロナ禍の2020年は、早々に配信ライブを行い、秋頃からはガイドラインに従った有観客ライブも多数実施。そして2021年3月に、バンドの源流を辿る初のJAZZカハ゛ー作品を「THE ESSENCE OF SOIL」リリース。

メンバー
タブゾンビ(Tp)
丈青(Pf)
秋田ゴールドマン(Ba)
みどりん(Dr)
社長(Agitator)

おわりに

活動中のバンドを多めにご紹介しました。
是非ライブでのパフォーマンスを体感してくださいね。

スポンサードサーチ

ジャズピアノレッスン

もっと詳しく知りたいジャズピアノがうまくなりたい。
と言う方の為に、ジャズピアノレッスンを行っています。

効率よく上達したいなら、宿題提出型の通信レッスンがオススメ。
レッスンを予約する必要がないから、どんどんカリキュラムを進めていけるんだ。
365日質問し放題で初心者大歓迎なんだって!!

⇒⇒⇒レッスン詳細はこちらから

オススメ記事

⇒完全初心者のためのジャズピアノ習得ロードマップ