⇒完全初心者のためのジャズピアノ習得ロードマップ

ジャズにはどんな種類(ジャンル)がある?特徴、歴史を徹底解説!

ジャズ名盤紹介

あなたはジャズ、と言うと何を想像するでしょうか?

おしゃれ?
セクシー?
パッション?
スイングガールズ?ビッグバンドビート?
タモリ?
モーニン?
ラグタイム?
椎名林檎?
上原ひろみ?

一言に「ジャズ」と言っても、人によって出てくる言葉が全く違うのは
「ジャズ」と言う言葉の意味の広さ、ジャンルの広さにあると言えます。

今回はジャズの種類を歴史と共に見ていきましょう。

スポンサードサーチ

目次(クリックでスクロール)

ジャズにはどんな種類(ジャンル)がある?特徴、歴史を徹底解説!

参考動画

A Brief(ish) History of Jazz

History of Jazz Piano (THE INSTRUMENTALS – Episode 5)

ジャズの種類1.ラグタイム

ラグタイム (ragtime) は、19世紀末から20世紀初頭(記載ある楽譜の出版年とされる1897年ごろから第一次大戦ごろまで)にかけて、アメリカを中心として流行した、黒人音楽に強い影響を受けた音楽ジャンルである。リズムのシンコペーションが大きな特徴である。有名なラグタイムの演奏家には、スコット・ジョプリンがいた。スコット・ジョプリンはアフロアメリカンである。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Maple Leaf Rag

The Entertainer

エンターティナーは知ってるよ!
ここからジャズが始まったんだ。

ジャズの種類2.ニューオーリンズジャズ

米国南部ルイジアナ州ニューオーリンズ市(New Orleans, LA)周辺で南北戦争終了時ごろ、解放された黒人やクレオール(黒人と白人のハーフ)らで始められ、後の多様なスタイルのジャズに分かれていった音楽の一つで、以後のジャズ音楽のおおもとになった形式。コルネット(または、トランペット)、トロンボーン、クラリネットなどの3管が中心となって、集団即興演奏をおこなったジャズの演奏スタイルが、その典型とされている。

Dr. Jazz

Black Bottom Stomp

ピアノだけだったのが、楽器が増えて賑やかになってるね!

ジャズの種類3.スウィングジャズ

スウィング・ジャズ(日本語仮名表記にはスイング・ジャズも見られる)は、1930年代から1940年代初めにかけて大流行した、白人が主体となって作られた大人数編成による戦前のジャズのジャンルの一つ。ベニー・グッドマンや黒人の演奏家も積極的に採用した。黒人ブラスバンドやマーチングバンドと呼ばれるものとは、音楽的には直接の関係はないとされるが、ブラスバンドから発展したという説もある大人数のジャズ、ビッグバンドの形態をとっている。人気のビッグバンドとしては、ベニー・グッドマン、デューク・エリントン、カウント・ベイシー、グレン・ミラーらのバンドがあげられる。

Count Basie Orchestra

すべらない話のオープニング曲だ!

Glenn Miller

Duke Elington

Benny Goodman

スウィングガールズで聴いたことがある曲ばっかり!

ジャズの種類4.ビバップ

マンネリ化したスウィング・ジャズに飽きた、即興演奏が好きなチャーリー・パーカーやディジー・ガレスピーらのジャズマンたちが、ミントンズ・プレイハウスなどのライヴハウスなどの閉店後に、ジャム・セッションをやることで生まれた。ビバップの登場により、それまで「大衆音楽・娯楽音楽」のみを演奏するとみられていた黒人音楽が、「芸術音楽」も演奏できると認識を改めさせる契機となった。

最初に決まったテーマ部分を演奏した後、コード進行に沿った形でありながらも、自由な即興演奏(アドリブ、インプロヴィゼーション)を順番に行う形式が主となる。基本的には、コード構成音や音階に忠実にアドリブ演奏しながらも、テーマのメロディーの原型をとどめないくらい、長めのインプロヴィゼーションが導入された演奏となっていった。そのため、技術的に優れた演奏が多い反面、長いアドリブのために、アドリブ自体が主体になってしまう側面があった。また、スウィングのように娯楽のための音楽、ダンスのための音楽から、当事者にとっては演奏することが目的となった音楽、聞く側にとっては踊ることはできず、聴くだけの音楽になってしまったとの批判もあった。

ジャズが躍る音楽から、聴く音楽になったのがこのビバップ以降
ビバップ以降の音楽をモダン・ジャズと総称して呼ぶことがあります。

Charie Parker

Sonny Rollins

Thelonious Monk

今までと雰囲気が変わったね!!

ジャズの種類5.クール・ジャズ

クール・ジャズ (cool jazz) とは、ビバップの反動として1940年代後半に生まれた、白人寄りの傾向をもつジャズのジャンル。リラックスした軽いサウンドが特徴だが、ビバップが持っている緊張感や複雑性、高度な即興が欠けている傾向がある。

Miles Davis

Lennie Tristano

Ahmad Jamal

クール・ジャズって初めて聞いた単語!
Miles DavisのBirth of Coolはジャズ歴史的に重要な一枚だよ!

ジャズの種類6.ウエストコースト・ジャズ

ウエストコースト・ジャズ(West Coast Jazz)は、1950年代、アメリカ合衆国ロサンゼルスを中心とする、アメリカ西海岸一帯で演奏されていたジャズの総称。ロックにもウエストコースト・ロックの地域ジャンルがある。

他のジャズ分野は南部で発祥後、北部・東部に移動し、ニューヨーク中心の東海岸での音楽性の違いで分類されたのに対し、西海岸ジャズは、地域によって分類されたものである。西海岸のジャズメンの中心は、概して正統的な音楽教育を受けた白人演奏家であり、クール・ジャズを発展させたようなスタイルが比較的多い。特に1940年代から1950年代にかけて白人ビッグバンドのスタン・ケントン楽団とウディ・ハーマン楽団で活動し、のち独立したミュージシャンが多く含まれる。デイヴ・ブルーベックはウエストコーストジャズの中でも、特に有名なジャズマンだった。ブルーベックの「テイク・ファイヴ」は、ジャズだけでなく、ポップ・チャートにもクロスオーバーした。同曲は21世紀に入ってからも、ラジオ、テレビなどでオンエアされている。

当時西海岸を本拠地とするジャズメンの中には、モード・ジャズ、クール・ジャズの伝統を汲むもの、アフロアメリカンのジャズメンを中心にしたソウル・ジャズやフリー・ジャズ的なものなど、様々なスタイルが混在していた。

人種の話が多いね。
クール・ジャズとの繋がりを押さえておけばOK!

Dave Brubeck

Take Five!有名な曲だよね!
変拍子も取り入れられるようになったんだ。

Chet Baker

ジャズの種類7.ジャズ・ファンク

ジャズ・ファンク(Jazz-funk)はポピュラー音楽、およびジャズのジャンルの一つ。定義と範囲は曖昧である。
ジャズにファンク、ソウル、R&Bなどの要素が融合され、曲中に即興演奏(ジャム)も含まれる。
1960年代のブルー・ノート・レコードは、1960年代にジミー・スミス、ベイビーフェイス・ウィレットらのソウル・ジャズ、オルガン・ジャズを発表した。さらに1960年代の後半から、マイルス・デイヴィスらのジャズ・ミュージシャンが電気楽器とロックの演奏スタイルを取り込んだエレクトリック・ジャズやジャズ・ロックの作品を発表した。これが後にクロスオーバー、フュージョンへと変質するようになった。70年代まではあまりジャズ・ファンクという呼ばれ方はされず、この呼称が流行するようになったのは、80年代後半のアシッドジャズやレアグルーブのブーム以降である。

Herbie Hancock

Jimmy Smith

Stevie Wonder

Booker T. & The M.G.’s

またいきなり印象が変わったね!!
電子楽器が入ったり、ビートも全然違う!

ジャズの種類8.ハード・バップ

ハード・バップ (hard bop) は、モダン・ジャズの一種。ニューヨークなどのアメリカ東海岸で、1950年代に始まり1960年代まで続いた演奏スタイルである。アフロアメリカンのジャズサウンド・スタイルの一つ。のちにこのスタイルを刷新しようとしたジャズマンたちが、ソウル・ジャズ、フリー・ジャズなどを生み出していった。

「ビバップの発展過程での揺り戻し」「クール・ジャズやウエストコースト・ジャズ」のソフトなサウンドを嫌った黒人ジャズメンが創造した」「黒人のブルースフィーリングを熱く押し出したもの」と様々な形容がなされている。

1950年代後半、モダン・ジャズ・カルテット、アート・ブレイキー、マイルス・デイビスのグループらによって確立された(ジャズ評論家行方均によれば、アート・ブレイキー『バードランドの夜』〈1954年〉をハードバップの誕生アルバムとしている)。ハードバップの特徴は、ビバップのように、コード進行に乗せた、あるいはコード分解によるアドリブといった基本は一緒だが、それよりも特にソロのアドリブ演奏で、ホットでハードドライビングしながらも、メロディアスに洗練された演奏スタイルにあるといわれる。しかし、よりフレーズが重要視されるため、メロディーとして成立しない音を音階から外さざるをえず、同じコードを使用しても、使えない音が出てくることが多い。そのためビバップよりも、融通性のないメロディーやフレーズになりやすいという側面を持つ。

1950年代中頃、ビバップは激化したアドリブ演奏によって、より難解で本能的な音楽と化していた。それに加え、1955年のチャーリー・パーカーの死も重なり、一般大衆ファンはビバップから徐々に離れはじめていた。その中でハードバップは、メロディアスで聴きやすいと同時に、演奏者の個性や情熱を表現することができ、大衆性と芸術性の共存を可能にした。これはジャズにおける一種の到達点となり、ブルーノート・レコード(1500番台、4000番台)を筆頭に数多くのアルバムが作られた。一般大衆から愛好家まで、多くのファンから支持を集め、1960年代半ばまでのジャズ黄金期を支えた。

また、ハード・バップの一部は、アフロ・キューバン、ラテン音楽の要素、とりわけルンバやマンボ等を取り入れて、ラテン・ジャズへと発展していった。特にハード・バップで演奏されるものはアフロ・キューバン・ジャズといわれることが多い。

Art Blakey and the Jazz Messengers

Cannonball Adderley

Horace Silver

Cedar Walton

Horace Silver

またジャズに戻った?

ジャズの種類9.フリージャズ

フリー・ジャズ(英: Free jazz)は、1950年代末にビバップなどのそれまでのジャズの演奏形態を否定、革新した当時の新しいジャズのジャンルであり、1960年代に隆盛となった。

フリー・ジャズは、1950年代末に、クラシック音楽のような白人西洋音楽の理論や様式に従わないという理念と、ビバップ、ハード・バップ、モード・ジャズなどが限界に達したという認識により誕生した。アフリカのルーツを重視した黒人音楽の正統なルートだけで、白人中心のジャズ音楽界をひっくり返せるというのが、一つの見解だった。南部テキサス州出身のオーネット・コールマンは、ニューオーリンズやバトン・ルージュで演奏したり、ロサンゼルスへ演奏旅行をしたりしていた。そのオーネットが、ドン・チェリーやチャーリー・ヘイデンとともにニューヨークの5スポット・ジャズ・クラブでフリー・ジャズを演奏し始め、ジャズ界に一大センセーションを巻き起こした。オーネットのジャズはブルーノートを多用し、カントリー・ブルース・シンガーのようだとも形容された。ジャズ評論家ベーレント、アミリ・バラカ、油井正一らは、オーネットの音楽の本質をよく理解し、フラットする音、ブルーノート、ブルースの塊などと的確な表現をした。オーネットの革新的フリー・ジャズに続いたのが、サン・ラやアルバート・アイラーらのジャズマンだった。他にもファラオ・サンダース、アーチー・シェップ、セシル・テイラー、アート・アンサンブル・オブ・シカゴらのフリー・ジャズを演奏するアーテイストが登場した。

フリー・ジャズは、「モード・ジャズまでのモダン・ジャズの理論の束縛からの自由」、ジャズにおける「表現の自由」などとも指摘される。
ピアノを拳で叩くように弾く「パーカッシブ奏法」や、サックスの絶叫奏法ともいうべき「フリーキー・トーン」なども、この流れの中で出てきた演奏法である。
自由な即興演奏を「フリー・インプロヴィゼーション」、自由な束縛のない演奏形式を「フリー・フォーム」というが、ジャズのジャンルでは、フリー・ジャズ、前衛ジャズなどで見られる。フリー・ジャズの全盛期は1960年代であり、1970年代半ばのフュージョンの登場による保守化、商業化も一つの要因となり、フリー・ジャズは停滞期を迎えた。ただしオーネットのアルバム『ダンシング・イン・ユア・ヘッド』や『ボディメタ』は、1950年代、1960年代の彼のカントリー・ブルース的なアルバムよりも、よりアフリカに接近して新境地を開いた。フランク・ザッパ、大友良英、巻上公一らは、異なる分野からフリー・ジャズ的なアプローチを試みた。
フリー・ジャズが登場した当初、古典的、伝統的ジャズを支持する聴衆の中には、「理解できない」「音楽として認めない」という者もかつてはいた。だが、やがてハード・バップほかの行き詰まりを打開したジャズの流れとして、広く認知され世界中にフリー・ジャズ・ファンも多く存在する。

Cecil Taylor

Ornette Coleman

フリー・ジャズ、、すごいね!!!
いくところまでいったって感じ!!

ジャズの種類10.モード・ジャズ

モード・ジャズあるいはモーダル・ジャズ(modal Jazz)は、コード進行よりもモード (旋法)を用いて演奏されるジャズ。英語では「モーダル・ジャズ」と呼ばれている。モダン・ジャズのサブ・ジャンルのひとつである。

1950年代後半に試行され始め、1959年リリースの、マイルス・デイヴィスのアルバム「カインド・オブ・ブルー」で完成された。

ビバップをはじめとするモダンジャズでは、コード進行やコードの分解に基づくアドリブ・ソロ(奏者ごとの即興演奏)が行われてきた。ハード・バップに至っては、メロディが洗練された一方で、コードに基づく一つの音階のうち元のフレーズから外れた音が使えないという状況が出てきて制限がさらに増した。その大きな原因は、コード進行だけでなくメロディにおける進行感も演出しようとしたことにある。

そこで、考え方を改め、コード進行を主体とせず、モードに基づく旋律による進行に変更したものが、モード・ジャズである(一説にはハード・バップから洗練・発展したものともいわれる)。バッキングなどの和声の面では多少困難にはなったものの、ソロプレイにおいては飛躍的に自由度が増し、メロディの選択肢も増えた。

欠点は、コード進行によるバッキングやメロディによる劇的な進行がない事である。

マイルス・デイヴィスはモード・ジャズで最も成功したアーティストであり、アルバム「カインド・オブ・ブルー」はモード・ジャズの可能性を追究した。 そのセッションに参加したアーティスト(テナー・サックス奏者のジョン・コルトレーン、アルト・サックス奏者のキャノンボール・アダレイ、ピアニストのビル・エヴァンスとウィントン・ケリー、ベーシストのポール・チェンバース、ドラマーのジミー・コブ)のうちコルトレーンは1960年代を通してモーダルな即興演奏を他の誰よりも深く追究した。

McCoy Tyner

John Coltrane

Miles Davis

ジャズの種類11.フュージョン

フュージョン(jazz fusion、fusion)は、1970年代半ばに発生した、ジャズを基調にロックやラテン音楽、電子音楽、時にはクラシック音楽などを融合(フューズ)させた音楽のジャンルである。ジャズの派生ジャンルとされている

T-SQUARE

David Sanborn

Jaco Pastorius

宝島、吹奏楽でやったことあるよ!!

ジャズの種類12.スムース・ジャズ

スムーズジャズまたはスムースジャズ (Smooth jazz) とは、1980年代末にアメリカのラジオ局が使い始めた、ジャズのジャンルに関する音楽用語の一つである。フュージョン、クロスオーバーの流れから派生した様式で、1990年代にはジャンル名として確立された。
ポップ・ジャズは古くから存在するが、スムーズ・ジャズの直接的なルーツはフュージョンとみなされている。スムーズ・ジャズは、特に聞き心地が良いことから、テレビやラジオのBGMとして使用されることも多い。イージーリスニング、ミドル・オブ・ザ・ロード(中道)の現在進行形でもあるともいえる。アメリカには、スムーズ・ジャズ専門のラジオ局がある。

George Benson

Larry Carlton

フュージョンの中でも特に聴きやすいものを
スムース・ジャズと細分化しているイメージかな。

ジャズの種類13.ネオ・ソウル

ネオ・ソウル(neo soul)はコンテンポラリーR&Bのサブ・ジャンルの一種。1970年代の流行性のソウル・ミュージック(ニュー・ソウル)にジャズ、ファンク、ヒップ・ホップ、ハウスの要素が加わり、発展した音楽のジャンルである。様々な音楽とクロスオーヴァーしていることから、明確な定義がもてない音楽用語でもある。

ネオ・ソウル期は1990年代末にモータウン・レコードのキダー・マッセンバーグにより起こされた。

D’Angelo

J Dilla

Erykah Badu

Robert Glasper

ロバート・グラスパーは今のジャズの最重要人物!
絶対覚えよう!

おわりに

ジャズの歴史を代表的な曲、アルバム、人物等から紹介していきましたが
どのように発展していったかが分かったでしょうか?

もし興味のあるジャンルがあったらぜひ深堀してみてくださいね。

ジャズピアノレッスン

もっと詳しく知りたいジャズピアノがうまくなりたい。
と言う方の為に、ジャズピアノレッスンを行っています。

効率よく上達したいなら、宿題提出型の通信レッスンがオススメ。
レッスンを予約する必要がないから、どんどんカリキュラムを進めていけるんだ。
365日質問し放題で初心者大歓迎なんだって!!

⇒⇒⇒レッスン詳細はこちらから

オススメ記事

⇒完全初心者のためのジャズピアノ習得ロードマップ